横浜で葬儀を行う際に必要な手続き


横浜で葬儀を行う際の必要な手続きは、まず病院でなくなった場合には病院から葬儀社に連絡してご遺体を病院から自宅へ搬送してもらいます。自宅にご遺体が戻れない場合には、安置する場所がありそこに預けることも可能です。横浜など首都圏の場合は自宅で告別式を執り行わないケースが増えていますので、前もってどの業者に依頼するか心づもりをしておくと便利ですが、分からなかった場合でも病院で紹介してくれます。 病院を出る前に故人の死亡診断書を医師からもらい、葬儀社に渡すと区役所への届け出をして埋葬許可証などの必要な書類を取得してくれます。 その後通夜・告別式について業者と相談して決めます。故人の写真をあらかじめ用意しておくとその時になってあわてずにすみます。参列者の人数はどれくらいか、どれくらいの広さの会場か、親戚の方がどれくらい参列されるのかも連絡をもらい、通夜ふるまいや精進落としの食事の人数を決めます。又お式の後に火葬場まで移動する人数に合わせマイクロバスやハイヤーなどの手配など、お式に関する細かいことについては業者が流れに沿って家族と相談の上手配してくれますので、遺族が手を煩わせることはありません。一通り決まったら見積もりを検討し、納得の上で業者に頼みましょう。 告別式の日取りがきまったら、親戚や友人、会社などへ日程を連絡します。通夜の前に納棺があり、近親者のみで行います。棺の中にいっしょに収めたいものがありましたら用意します。また通夜・告別式で受付や香典袋の管理を親戚の中で決めてお願いします。火葬場までは横浜中心部は特に渋滞が多く時間がかかることもありますので、小さなお子さんのいる場合は軽食を持参するとよいでしょう。 準備から終わりまで業者の方が丁寧に説明し誘導してくれますので、遺族は故人をお見送りすることに集中できます。