横浜で生前葬儀をするには

横浜で生前葬儀をするには自分が喪主となりお葬式を行うことが出来るため、基本的には通常のお葬式のような形態をとる必要もなく、一つのイベントとして宗教や携帯に囚われることなく好きなイベントを実施すればよいです。例えば、横浜でどこかの会場を借りて、そこで立食会を行う、スライドショーから自分の記録を流す、好きな音楽を流して会場の雰囲気を作るなど、本当に挙げだすと様々な内容があります。まずは横浜で会場を探すことから始めると良いです。会場探しをする時はどのくらいの参加者を呼ぶのか、ここがポイントになってきます。多くの参加者を集めるならそこそこ大きな会場が必要となりますし、かなり少人数で行うならばさほど大きな会場や施設は必要ありません。こうして会場を用意することが出来たら、次は生前葬の内容を具体的に考えておきたいものです。この内容は人によってかなり内容が異なります。自分が生きているからこそ出来るお葬式なので、本当に自分のやりたい理想の内容を考えて実行すると良いです。また、お葬式だけではなく、ある程度自分の身の回りのものを整理しておくことも考えましょう。せっかくお葬式をするのですから、生きている間に自分が所有しているものを整理しておくことも大事です。財産をどうするか、不用品はある程度処分しておくのかなど、結構考えることがたくさんあります。良い機会なので、こうした事もしっかりと考えておきたいものです。

横浜で葬儀を行う際に必要な手続き

横浜で葬儀を行う際の必要な手続きは、まず病院でなくなった場合には病院から葬儀社に連絡してご遺体を病院から自宅へ搬送してもらいます。自宅にご遺体が戻れない場合には、安置する場所がありそこに預けることも可能です。横浜など首都圏の場合は自宅で告別式を執り行わないケースが増えていますので、前もってどの業者に依頼するか心づもりをしておくと便利ですが、分からなかった場合でも病院で紹介してくれます。 病院を出る前に故人の死亡診断書を医師からもらい、葬儀社に渡すと区役所への届け出をして埋葬許可証などの必要な書類を取得してくれます。 その後通夜・告別式について業者と相談して決めます。故人の写真をあらかじめ用意しておくとその時になってあわてずにすみます。参列者の人数はどれくらいか、どれくらいの広さの会場か、親戚の方がどれくらい参列されるのかも連絡をもらい、通夜ふるまいや精進落としの食事の人数を決めます。又お式の後に火葬場まで移動する人数に合わせマイクロバスやハイヤーなどの手配など、お式に関する細かいことについては業者が流れに沿って家族と相談の上手配してくれますので、遺族が手を煩わせることはありません。一通り決まったら見積もりを検討し、納得の上で業者に頼みましょう。 告別式の日取りがきまったら、親戚や友人、会社などへ日程を連絡します。通夜の前に納棺があり、近親者のみで行います。棺の中にいっしょに収めたいものがありましたら用意します。また通夜・告別式で受付や香典袋の管理を親戚の中で決めてお願いします。火葬場までは横浜中心部は特に渋滞が多く時間がかかることもありますので、小さなお子さんのいる場合は軽食を持参するとよいでしょう。 準備から終わりまで業者の方が丁寧に説明し誘導してくれますので、遺族は故人をお見送りすることに集中できます。

横浜で行える葬儀の種類

横浜で行える葬儀の種類は色々とあります。まず最初に覚えておくことは国内では仏教でお葬式をする人が多いので、一般葬はお坊さんを呼びお経を唱えるという良く見る光景がイメージされますが、宗教というのはいろんな内容があり、それぞれの宗教によってお葬式のやり方は様々なので、これは基礎知識として覚えておきましょう。さて、ここでは横浜で仏教におけるお葬式の種類について説明しますが、基本的に横浜でお葬式をする場合は一般葬として、通常の規模のお葬式を行うことが多いです。これは一番良く見かけるお葬式であり、会場を借りてそこに参列者が集まりお葬式を行うことになります。お葬式を行う時にこのような一般的なお葬式以外にも密葬や家族葬などもあります。何が違うのかを簡単に説明するならば、それは結局参列者の数と費用です。一般葬とはそこそこな参列者が集まり、費用もそこそこかかります。100万や200万ほどお金がかかることは普通であり、人によってはこの金額を用意出来ないこともあります。そんな時は費用を抑えるために家族葬や密葬をすることがあります。家族葬なら50万以下でもお葬式をすることが出来ますし、身内だけでお葬式をするため気が楽という点もあります。密葬とは公にはお葬式をしずらい時に用いられたり、極一部の参加者だけでお葬式をしたい時に活用されます。このようにいろんなお葬式の内容があるので、参加者の人数や費用、状況に合わせて好ましい内容を選びましょう。