横浜の葬儀における挨拶について


横浜は日本では大きな都市部になり、公共の交通機関でお越しになる参列者も考えられるので、葬儀ではその様な方々の事を考えた挨拶から入る事とした方が良いでしょう。田舎から来られる方ですと、迷いながら来られた人もいるかもしれません。また、横浜は東京へ通勤する方のベッドタウンになりますので、中には仕事を休み東京から急いで来られる方もいるかもしれません。横浜の葬儀は片田舎でのやるのとは違います。 ここまでの事を考えながら喪主の挨拶を行えば、心からお詫び・お礼の言葉として自然と表情や言葉にも出てくるでしょう。よく、渡されたメモ紙を見ながらお話ししている人がいますが、メモを見るのが悪いという訳ではありません。しかし、一社会人として、本当に忙しい中来て下さった参列者の方に、どういう風にすれば心を込めた言葉を伝えることが出来るのか。そう考えたときに「心にもないこと」を言うのではなく、「心にあること」をいう事で聞く側にもきちんと伝わります。 参列者の中には故人の事をあまりよく知らない人もいるでしょう。そういった方々はどうやって故人を偲ぶのでしょうか。簡単な略歴はあるとしても、故人がどういった人物なのかよく分からないと思います。そうなってくると、喪主が言う言葉の一つ一つが重要になってきます。きっと聞く側は故人の言葉として捉えているでしょうから。こういった部分も考えると、単純にメモ紙を読むのでは本当の意味での故人の為の儀式が行えないのではないでしょうか。参列者の事を考えた言葉というのは参列者は勿論、故人の為にも大変重要になってくるものでしょう。